INFORMATION

INFO

TEAM KIBARI
チーム キバリ

KIBARIは、設計事務所、工務店、不動産&建築プロデュースと
それぞれの専門分野を受けもつ企業体がお客様を全面的に
サポートしていきます。

KIBARI デザイナー

宮﨑 俊行

工務店の家(長野県)で、職人さんに囲まれて育つ。作業場が遊び場で、加工途中のお寿司屋さんのケヤキカウンター材に五寸釘をぶち込み今でも語り草となっている(本人は覚えていません)。内藤廣建築設計事務所にて、公共建築から個人住宅まで幅広く経験を重ね、2007年に独立。現在は個人事務所運営のかたわら大学研究機関にて研究活動も行っている。1972年生まれ。

「ロビンソン・クルーソー」、言わずと知れた冒険小説。先日、息子と改めて本を読んでいてワクワク・ドキドキ「すごいぞ!クルーソー!!」と手に汗握る興奮。自らの創意工夫で生活環境を改善していく「クルーソーの生きる力」あ~カッコイイな。是非、息子に身につけさせたい、いや私自身も身につけたい(いまさら・・・)。

考えてみれば、一生に一度の家づくりも「現代版の冒険」とも言えます。自らの創意工夫で暮らしに合った棲家をつくる、そんな皆さんの家づくりをご一緒することで私も少しはカッコよくなれるかも。

KIBARI デザイナー

山本 寛之

1999年にアメリカロサンゼルスに渡り、Sci-arc大学院にてデザインの本質を学ぶ。現地設計事務所にて数多くの住宅設計やランドスケーププロジェクトに従事し2007年に帰国。日本のまちなみや暮らし方を家から考え湘南の設計事務所にて10年に渡りツーバイフォー住宅の設計を行う。2017年4月クラシック(#clachic)を鎌倉に設立。信州から動き出した木を使う社会の仕組みを作る一般社団法人ソマミチの設立理事として国産材を使ったツーバイフォー住宅設計に取り組んでいます。1974年生まれ。

スイスの建築家ピーターズントーのサンベネディクト教会はご存知でしょうか?日本と同じ木の文化を持つスイスの美しい山々を背景に佇む木外壁の教会。それは多くを語らずとも人の心にしっかりとその存在を刻み込んできます。

外観だけでなく、その存在自体が兎に角カッコいい。人にとって誰にでも共通する家というものが暖かい光で輝いて見えるような存在になるよう、暮らし方から家のデザインまでお客様と一緒になって創り上げていきたいと思います。

KIBARIコーディネーター・土地探し

当山 純雄

積水ハウス株式会社、株式会社リクルート、建築プロデュース会社を経て現在に至るまで、さまざまな側面から建築に携わる。ここでは、土地探し〜完成引渡しまでの、設計以外の諸々をトータルにサポートします。現・株式会社フリーリーデザインボックス取締役・チーフコンサルタント。1965年生まれ。

僕は、カッコイイアイテム=好きなものと考えます。なのでその時々の考え方や環境で変わっていくものだしそうあるものだと思います。ただ大切なのはどんなことでもいいけど 好きなものへの自分なりの拘りなんじゃないでしょうか。それが強ければ強いほど、自分とってのカッコいいなんだと思います。

KIBARIは僕らなりの拘りを集めました、そこに皆さんの拘りや思いをつめて唯一無二の更にカッコイイ家に進化させて下さい。

KIBARIコーディネーター・土地探し

西村 巌

土地探し、資金計画の立案、諸手続き等、引渡しまでをサポート。株式会社リクルートにおいて、不動産・注文住宅・リフォーム関連の情報誌ならびにインターネットサイトの企画・編集・サービス開発等に携わり、住宅検討者の課題解決に取り組む。2015年より、土地探しから住まいの完成までをトータルに支援する建築コンサルティング会社を設立。現・株式会社フリーリーデザインボックス代表取締役。1964年生まれ。

クラシック音楽はジャンルを問わず数多く聴くんですが、とくに指揮者やオケの聴き較べが好きで、そんなレパートリーの一人が、指揮者:カルロス・クライバー。

このマエストロ。見た目的な指揮っぷり(カッコよさ)はもちろんのこと、計算ずくなのか、感覚なのかは定かではないが、タクトから紡ぎ出される音の強弱やテンポ、スピード等・・・節度をわきまえた自由奔放さや発想がとにかくカッコいい。そしてもうひとつ、彼に惹かれる大きな理由はレコーディングの少なさ。この「希少性」が、彼の魅力(カリスマ性)をより引き立てている気がします。

施工

鶴田 幸夫

20年以上にわたり、鎌倉・藤沢・逗子・葉山を中心としたシーサイドエリアにおいて、木を生かした個性的な外観スタイルと住み心地のよい家づくりに数多くの実績をもつ工務店・株式会社バウムスタンフ代表取締役。同社は、設計事務所とも多くのプロジェクトで連携し、デザイン性にも定評がある。KIBARIの施工を一手に担う。1964年生まれ。

マッターホルンのゴルナーグラート展望台は、過去ヨーロッパ巡りをしたときに観た風景のひとつ。それは、バルセロナのサグラダファミリアしても、フィレンツェのクーポラにしても、そしてこのゴルナーグラート展望台にしても、もちろん「建築」そのものの存在感は格別なのですが、それ以上にロケーションとの組み合わせがこれまた絶妙だと思いませんか。大自然の中に出現したこの建築物にみなさんは何を感じるでしょうか。

それは人それぞれですが、これを見た時に、人に感動を与えるような、心揺さぶられるような環境と建築との共生・・・私自身も「住まい」というものを通じて実現できたらって思っています。

SUPPORT

オリジナル家具

前田大作 [ アトリエm4 ]

空間デザイナーとして勤務後、前田純一に師事。現在、注文制作を中心に木工品制作を。2007年に設立したatelier m4ではあたらしい木工品制作のあり方を提案。信州カラマツ利用にも取り組み、長野県内製造業として初めて経産省の地域資源活用プログラムに認定(2007年度~2011年度)される。前田木藝工房四代目。アトリエ・エムフォオ株式会社代表取締役。松本市都市計画策定委員(2007年~2013年)。

【KIBARI STUDIO】たまプラーザショールーム

【KIBARI STUDIO】たまプラーザショールーム

川崎市宮前区鷺沼2-19-4 Saginuma Hills401    
TEL. 0120-552-970

CONTACT
お問い合わせフォーム