INFORMATION

INFO

BLOG / INFO
ブログ・お知らせ

Posted on
Category
in
BLOG

資金計画をしっかりたてよう!

今日は土地探しから家づくりをする際の「資金シミュレーション」についてお話をします。

「資金シミュレーション」って家づくりの際によく聞く言葉かもしれませんが、どんなものを想像されますか?
各業者さんが用意される資金シュミレーションにはざっくりとしたものから緻密なものまで色々とあります。

僕が考える資金シュミレーションとは下記31項目の費用に具体的な金額を当てはめ、家づくり全体で必要な金額を試算して調整することだと思っています。

建物本体工事費用、外構工事費用、地盤改良工事費用、解体工事費用、上下水道工事、ガス工事、空調工事、上下水引き込み工事、設計デザイン料、構造設計料、建築確認費用、敷地測量費用(現況測量)、地盤調査費用、土地登記費用、建物登記費用、滅失登記費用、ローン保証料、ローン手数料、金賞契約印紙代、設計契約印紙代、請負契約印紙代、土地売買契約印紙代、土地仲介手数料、火災・地震・家財保険料、家具・家電購入費、カーテン購入費、地鎮祭費用、引っ越し費用、固定資産税、土地購入費

家づくりに関わる費用ってこんなにあるんです。驚きましたか?

土地と建物の金額以外に諸費用が結構かかる、という話をよく耳にするかと思いますが、大体どのくらいだと思いますか?
そもそも諸費用っていったいどの項目を指してるの?と、よくわからないまま土地探しを始めてしまう方もとても多いようです。
最初にお客さんと初めてお会いてこんな会話を良くします
「今回の計画の総予算はどのようにお考えですか?」
「全体で6000万円です。土地に3500万円、建物に2400万円くらいですかね」
「それ以外いかかる諸費用は別にお考えですか?」
「いいえ一緒に考えています、諸費用ってそんなにかかるんですか?」
「はい、今の予算の置き方だと全然足りないと思います」
みたいに意外と諸費用については少なめに考えてる、何にかかるかが良くわかってないという感じでしょうか。

では具体例をお話します。
只今、土地探し真っ最中のOさんが実際に検討を行った土地の場合。
土地代3000万円、建物本体2530万円(税込み)設計デザイン料97万円として住宅ローンの借り入れを5000万円で想定しました。その他の費用はいくらくらいたと思いますか?
回答は559万円です。全体のコストまるっとトータルで6186万円になります。

土地費用、建築・設計費用、その他諸費用のバランスについてどんな感想を持ちましたか?
その他の費用が高いな〜と思った方もいらっしゃるかもしれませんが細かくかかる費用を置いていくとこれがリアルな数字です。
ただ言い換えると、この位きちんと計画を作成すれば、突発的にかかる他の費用も無いという事です。
後は、個々に分かれて置いている金額を調整して全体のコストを予算に近づけていければより硬い計画になると思います。

つまり、「土地探しを闇雲に始めるのではなく、まずは家づくり全体の資金シミュレーションをきちんと考えましょう!」ということです。私共の家づくりでは一番最初に行うSTEPはこの資金計画からです。

もしご興味があればお気軽にご相談下さい。      〈To-yama〉

Posted on
Category
in
BLOG

KIBARI結の家 外観

 

 

    

今日はお天気ですね!心も少し晴れ晴れとします。

いいお天気の中、KIBARI STUDIO湘南からすぐ近く、KIBARI藤沢辻堂の結(ゆい)の家の外観を撮影してきました。

足場も外れ、素晴らしい外観が湘南の明るい地に映えていました!

外壁材は信州カラマツです。新色の透き通ったきれいな碧色が心に響きます。

玄関まわりはアクセントとして米杉ウッドシングル施工、ナチュラルかつシャープな表情です。

いよいよ今月29日お引き渡し予定です。竣工がとても楽しみです。

Posted on
Category
in
BLOG

コロナショック

皆さんの周りでも様々な影響が出ている時期かと思います。

我が家でも小学校が突然休校となり、

息子も運動不足で何やらストレスが溜まっているようで、

今日のように雨の日なんか、もぉ最悪です。。。(グチ)

 

天気や事情があって家で過ごさなくてはならない時に

ちいさなお子さんがいらっしゃる家庭では

思いっきり体を動かせる場所があると良いなって思いますよね。

そんな時、家が遊び場になると最強です!

吹き抜けを利用して縄梯子を設置したり、

通路部分を少し広くとってブランコが設置できるようにしたりと様々な遊び場を盛り込みました。

滑り台を設置した事例は、こちらのブログ で見ることが出来ますので家づくりの参考になさってください。

色々と工夫を凝らしてもやはり外で遊びたいですね、

早くコロナ騒動が収束してくれることを願っています。

KIBARI 宮﨑

Posted on
Category
in
BLOG

「餅は餅屋」~KIBARIの家づくりスタイル

こんにちは。不動産担当(土地探し)のにしむらです。
世の中、連日のようにコロナウイルス報道が流れ、日々変わる状況、不透明な先行きも相まって、もうしばらくは落ち着かない日々が続きそうですね。
状況の好転を心から願うばかりです。
こんなご時世だからこそ、家でじっくり情報収集を決め込んでみてはいかがでしょうか。

さて、わたしたちTEAM KIBARIは、ただ単に家を建てるだけの単独の施工会社ではありません。
土地探しから住宅ローン、設計、建築、諸々の諸手続き、ご入居までをそれぞれのスペシャリストが徹底的に対応し、また連携もとりながら「ONE TEAM体制」でサポートする新しい家づくりのスタイルに挑戦しています。

「餅は餅屋」~不動産仲介会社×設計事務所×工務店が、それぞれの局面で徹底的にお客様と向き合うことで、妥協しない家づくりが実現できるという考えです。

KIBARIは、神奈川でもわずかしか例のない信州カラマツという素材を外壁に採用しており、これ自体も大きなチャレンジですが、家づくりを進める上でも斬新な体制で新しい注文住宅のあり方を提案しています。
ぜひ一度、私たちの家づくりの拠点「KIBARI STUDIO」にはなしを聞きに来てください。

●KIBARI STUDIO たまプラーザ

Posted on
Category
in
BLOG

新色カラマツ OSARU(碧) 登場です

設計担当 鎌倉在住のヤマモトです。

KIBARI藤沢辻堂の結(ゆい)の家 いよいよ工期も残すところ1ヶ月ほどになりました。

忙しくて海に入る時間もなく、やきもきした春となっております。

それはさておき、信州から新色カラマツ外壁材OSARUも届き、いよいよという感じです。 OSARUとは沖縄の方言で碧(あお)という意味です。

今回の新色はお客様の出身も沖縄ということで、少し太陽の光が入り込んだ透明感を意識しています。今までより少し軽めの碧色は、抜けるような湘南の空にもぴったりです。

こちらの人が微妙な碧の色に敏感なのは、生活とともにある海の碧色があるからだと思います。もしかしたら湘南では碧色だけで20色くらいあってもいいような気がしてきました。

アクセントとして採用した米杉のシングルサイディングもセンス良く出来上がってきました。内装には信州の立ち枯れ赤松ブルーステインカウンターを採用しています。カラマツだけにこだわらず色々な木を使うことで、カラマツの存在感も引き立っていくのだと思います。これこそ気遣いならぬ木使い・・・

 

 

湘南ビーチFM78.9 湘南ブリーズFRIDAY内にてカラマツの家づくりを楽しくトークしております!次回は新緑の時期放送予定です。

これからも木愛(気合)に満ちた家づくりを進めていきたいと思います。

 

Posted on
Category
in
BLOG

バイザシーfree Vo.7 winter Issue 2020掲載

 

こんにちは。

バイザシーfree magazine Vo.7  winter Issue 2020 が発行されました。

KIBARIコーディネートの鎌倉市F様邸ファミリーが掲載されています!

家づくりに国産材を使用するという想いが込められたKIBARIコーディネートの湘南注文住宅新基準のF様邸。

マリンブルーの信州カラマツの外観、無垢材フローリング、広い吹き抜けと勾配天井の解放感。

設計、仕様、住宅設備、デザイン性などKIBARIの魅力が集約されています!

バイザシーfree magazineは、横浜・湘南を中心としたお店に置かせていただいています。

ぜひお手に取ってご覧ください。

Posted on
Category
in
BLOG

「ちいさなおうち」のちいさな工夫

眺望や日当たりの問題で、2階をリビングにするケースって有りますよね。

「ちいさなおうち」も2階にリビング・ダイニングを配置し、階段が吹き抜け状に接続したプラン。

 

このように開放的な住まいでは、

冬は暖かい空気は天井に登り、寒い空気が1階からスゥ~と足元をなでるようにヒヤッとする

階段室からの冷気の流れ。。。

夏は夏でせっかく冷やした冷気が階段を伝って1階が真冬状態。。。など

冷暖房の効きにくさや小さなお子さんの安全面が心配になりますよね?

 

そこで「ちいさなおうち」では冷暖房効果と小さなお子さんを含めた来客に配慮して

写真のように階段手前に腰高さの建具を設けています。

こうした小さな工夫の積み重ねが安全性・快適性を担保しながら

スッキリとシンプルに暮らすための工夫もKIBARIが得意とするところです。

皆さんも、住まいの工夫を楽しみませんか!

<MIYAZAKI>

Posted on
Category
in
BLOG

【イベント告知】『ソマミチツアー2020』~99歳の「カラマツ」に触れてみませんか

KIBARIの家の外壁材として採用し、そのシンボル的な存在でもある「信州カラマツ」。
その原木、しかも99年の歳月を経た存在感たっぷりの「カラマツ」を見にいくというツアーが開催されます。
主催は、私たちもお世話になっている「一般社団法人ソマミチ」。
「木を使う社会の仕組み」づくりを目指し、林業、製材業、建築・設計業等の有志が集まって活動している団体です。
たんに(製材された)建材を仕入れるだけではなく、その背景にある生産者の取り組みや長年にわたる努力、こだわりに触れることで住まいへの愛着はより強いものになると思っています。
「スノーシュー」を履いて雪山を散策したり、温泉に入ったり、おいしいものを食べたり(^^)・・・ぜひ、ご家族でご参加くださいませ!
■イベント詳細
https://www.facebook.com/events/610338359742414/

■ソマミチって?
https://www.somamichi.com/

Posted on
Category
in
BLOG

経年変化についてまた語る

設計担当のヤマモトです。
古いものって味がある
なんと言えばいいのか、その過ぎた時間がたっぷり含まれた味わいとでもいいましょうか?
新しいものも確かに良いのですが、心のそこからくるいいなという感じはどうしても負けてしまう。
なんででしょうね。
街を見渡せば、街の中にある古い建物や神社も心の拠り所として存在していると思います。
小さい頃の記憶がまだそこにあるような
木の家を好きになられる方に共通することは、その感覚の共有にある気がします。
 住む人と一緒に年を重ね、家に帰るたびにここの色が変わったなと思いながらドアを開ける
家族が増えて写真を撮った背後には少しづつ変化している自分の家がある。
いつもそこにありながらも、その時々の記憶が刻まれる
とても素敵なことですね。
最近は色味の変化を楽しむのカラマツ外壁材に興味を持たれる方が多くなりした。
車などと合わせて自分のカラーを少しでもアピールしたい方が増えたのかと思います。
個性を主張しつつも景観に馴染むカラマツの外壁はすごくいいと思います。
オリジナルカラーを作れることも楽しみの一つです。
木の家ってメンテナンスが大変でしょう?
って、よく聞かれますが
人間の体の方がメンテナンスがよっぽど大変
木の家に住む人の外壁は基本ノーメンテ。自邸も含めてほったらかしです。
雨の防水処理はその内側でしっかりしているので、あくまで見かけの問題なのです。
部分的に割れたり、台風とかで抜け落ちたもの以外は、ゆっくりその変化を楽しんでいます。
モルタルとかガルバリウムとかだど、施工当時の姿を維持することが最善なので経年の変色、汚れ、傷などがヤレ(劣化)としてどうしても目立ってきてしまいます。
でも人間の体と同じでノーメンテというものは時間が存在する以上ありませんが、
家の変化に合わせてゆっくり付き合う暮らし方
それこそクラシック(暮らし+シック)な家づくりにつながると思います。
Posted on
Category
in
BLOG

新年あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
2020年 令和2年がスタートしました。

今年はお天気も良くとても穏やかなお正月が過ごせました。
箱根駅伝凄かったですね!今年は例年にないハイスピードなレースだったようで
区間新記録の連続で2日間は食い入るようにTVをみていました。
その後のドキュメント番組では各校のこの駅伝にかける思いや努力が紹介されていましたが
走ってる10人だけではなく本当に多くの人に支えられてレースが成り立っていることに感動しました。

KIBARIの家もスタートから今年で3年目を迎えます
昨年末によりスムーズに家づくりが出来るよう、仕様部材の見直し、打ち合わせの流れの見直しを行いました。
今年も1棟1棟お施主様に寄り添いながら唯一無二の拘りの住まいつくりをお手伝いしていければと思います。
お正月に今年は家づくりだと!奮起された皆さん!どうぞお気軽にご相談下さい。

それでは本年もどうぞ宜しくお願い致します。 〈To-yama〉

【KIBARI STUDIO】たまプラーザショールーム

【KIBARI STUDIO】たまプラーザショールーム

川崎市宮前区鷺沼2-19-4 Saginuma Hills401    
TEL. 0120-552-970

CONTACT
お問い合わせフォーム